40代になったニートは就職できないんですか?

投稿日:

ニート期間が長くなって40代ともなると、就職どころか社会復帰すら難しいと考えてしまう方は多いです。

40歳になったころから年齢制限で切られてしまう求人は増えてきますし、年齢制限なしで未経験可の企業も若いかたを優先して採用します。

しかし、40代で「もうまともな職場では働けない」「社会復帰できないかもしれない…」なんて諦めてしまうのは早すぎます。

いくつになってもニート脱出できる機会はあります。外国人留学生に頼っている企業が多くあるように、人手不足の職場は多数あるからです。

大企業に正社員として働くのは難しいですが、派遣やアルバイトで社会復帰するのは決して難しくありません。

未経験OKで採用される就職先とは?

飲食チェーン店や大手スーパーは40代以上の採用に積極的です。モスバーガーのある店舗では、在籍するアルバイトの2割が60歳以上という年齢層の高さが話題になりました。

また、介護職、タクシー運転手や警備員、新聞配達、ビルメンテナンスなどの仕事は中高年を積極的に採用しています。

介護企業は職場見学してから働ける企業も多いので、「自分はここならやっていけるかも…」と思った職場を選べます。

まずは確実に続けられる仕事をしていく

ニート期間の長いかたがいきなり厳しい環境に就職すると、心身ともに疲れて早期退職したり、ニートに戻ってしまうリスクがあります。

まずは深夜のスーパーの品出しや、コンビニ・ドラッグストアなどで週2日ほどアルバイトするのがおすすめです。

人と関わる機会が少なく、できるだけ自分のペースを乱されないような仕事を選びましょう。体力面に問題がなくて原付を運転できるなら新聞販売員(新聞配達)や郵便配達などもおすすめです。

※日本でニートといえば15~34歳までのかたを指しますが、このページではニートには含まれない無職のかたもニートと呼称しています。

20代ニートにおすすめの就職エージェント

エージェントとは、社員募集している会社と、仕事を探している人のマッチングを行っている民間企業です。無料で次のような就活サービスを受けられます。
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策(模擬面接、話し方・服装のアドバイス)
  • 採用されやすい企業の紹介
一人だけで就職活動するよりも効率的に仕事を探せます。 20代専門のエージェントが登場し、ニートの方も正社員になりやすい環境ができています。紹介されるのはすべて正社員の求人で、定着率が高い会社を見つけやすいのが魅力です。

就職shop

  • 学歴不問・人物重視の求人が多い
  • 書類選考なしで面接のチャンス
  • 紹介される企業は全て訪問調査済み
  • 営業職のほか、事務や企画などの職種も多い
  • 登録者一人一人に専任のキャリアコーディネーターがつく

ジェイック

  • 就職講座を修了すると書類審査なしで面接へ進める
  • 営業職を目指す方におすすめ
  • 紹介されるのは全て正社員の求人
  • 内定を貰いやすいだけでなく入社後の定着率も重視している

Copyright© ニート就職の教科書 , 2019 All Rights Reserved.