就職活動の基礎知識

ニートはハローワークを利用するべきか?20代と30代で異なる注意点

投稿日:

ニートから就職活動を始める際によく利用されるのがハローワークです。

国によって運営されている職業紹介所なので一定の安心感があり、無料で職業紹介を行ってくれます。カラ求人やブラック企業の問題点はありますが、一度はハローワークに行ってみることをおすすめします。

20代ニートはハローワーク以外で仕事探ししたほうが良い

厚生労働省のウェブサイトでは次のような説明がなされています。

民間の職業紹介事業等では就職へ結びつけることが難しい就職困難者を中心に支援する最後のセーフティネットとしての役割を担っています。

ハローワーク |厚生労働省より

就職困難者向けのセーフティーネットとはいえ、上記の説明を裏返せば「民間の職業紹介事業を利用して就職したほうが良い」と解釈できるでしょう。

現在は20代ニートが利用できる民間の職業紹介事業(就職エージェント)が沢山登場しています。リクルートが運営する「就職shop」や、営業職の案件に強い「ジェイック」は、ニートの就職支援実績も多いので安心して就職支援を受けられます。

30代のニートはハローワークを中心に就職活動する

ニート歴の長い30代以上の方は、ハローワークを中心に就職活動していくのがよいでしょう。

ハローワークで行っているのは職業紹介だけではありません。面接対策や履歴書の添削などの就職支援も行っているので、自分一人だけの就職活動で壁に当たった時の助けになります。

もちろんリクナビnextやマイナビ転職などの一般の転職サイトを利用して仕事探しするのも大切です。

ハローワークで仕事探しする際の問題点

ハローワークを利用する際の問題点は「カラ求人」「ブラック企業」「企業に育成ノウハウがない」3つです。

  • カラ求人:採用する気がないのに求人募集をしている
  • ブラック企業:応募要項と実際の待遇条件が異なる。
  • 人事部が弱く、採用した人材を育成するノウハウが少ない

特に注意したいのが3つめです。

ハローワークだけで求人を出している企業は「求人広告費を出せない企業」です。採用した人材を育てる人事ノウハウがなく、採用後の即戦力を求めることが多いです。

採用された人間が何も分からない状態で現場に突っ込まれて、トラブル続きの職場で残業が続き、心身ともに疲弊してニートに逆戻りするリスクがあります。

こんな企業もブラック企業ともいわれます。しかし一般的なブラック企業のように悪意を持って低待遇で働かせているわけではなく、採用する側も何をしたらいいかわかっていないのが特徴です。

ハローワークの窓口で応募するまえに企業の離職率を聞き、3年で5割以上が退職しているようなら応募しないほうがいいでしょう。

20代ニートにおすすめの就職エージェント

エージェントとは、社員募集している会社と、仕事を探している人のマッチングを行っている民間企業です。無料で次のような就活サービスを受けられます。
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策(模擬面接、話し方・服装のアドバイス)
  • 採用されやすい企業の紹介
一人だけで就職活動するよりも効率的に仕事を探せます。 20代専門のエージェントが登場し、ニートの方も正社員になりやすい環境ができています。紹介されるのはすべて正社員の求人で、定着率が高い会社を見つけやすいのが魅力です。

就職shop

  • 学歴不問・人物重視の求人が多い
  • 書類選考なしで面接のチャンス
  • 紹介される企業は全て訪問調査済み
  • 営業職のほか、事務や企画などの職種も多い
  • 登録者一人一人に専任のキャリアコーディネーターがつく

ジェイック

  • 就職講座を修了すると書類審査なしで面接へ進める
  • 営業職を目指す方におすすめ
  • 紹介されるのは全て正社員の求人
  • 内定を貰いやすいだけでなく入社後の定着率も重視している

-就職活動の基礎知識

Copyright© ニート就職の教科書 , 2019 All Rights Reserved.