就職活動の基礎知識

ニートの履歴書対策マニュアル - 空白期間や自己アピール欄の書き方はどうする?

投稿日:

脱ニートして就職活動をはじめると「履歴書」という壁にぶつかります。

「履歴書の空白期間はどう書くか」「自己アピール欄に書くことがない」はニートから就職活動を始めた方全員が悩むポイントです。

職歴欄はアルバイト経験や在宅ワーク経験を書ける

履歴書の職歴欄は、正社員経験があれば正確に書きましょう。正社員でなくとも、雇用保険に入っていれば必ず正確に書きます。

アルバイトや派遣社員はもちろん、在宅ワークをしていた経験があれば記入できます。全く働いたことのない無職よりは、少しでも社会経験のあるほうが高く評価されるので、書けることは必ず書いておきましょう。

※雇用保険の加入義務がない単発バイトや短期バイトは、いつ働き始めたのかは企業にわかりません。しかし、職歴に間違いがあって面接でボロが出ると悲惨ですから、職歴欄を書く時は細心の注意をしなければいけません。

履歴書に書いたことが面接に繋がる

「職歴の空白期間に何をしていたか」は面接で必ず聞かれます。ニート期間が短ければ「単発バイトをしながら就職活動をしています」でよいですが、半年以上あるなら具体的な回答を考えておきましょう。

関連:ニートの面接対策

自己アピール欄は料理や洗濯でもよい

ニートの方は自己評価が低くなりがちです。無職に対する後ろめたさや、職歴の少なさなどで自信を失ってしまうようです。

しかし、悪い所しかない人間なんていません。どんな方にだって良いところは必ずあります。自己分析をしっかり行い、自分の好きな事や得意な事、苦にせずにできることを洗い出しましょう。

自宅で家事を行っているなら料理や洗濯でもよいですし、趣味から派生した特技があればなんでも記入しましょう。

エージェント経由で「書類審査なしで面接へ進める求人」に応募する

「どうしても履歴書が書けない」
「書類審査で落ち続けて心が折れてしまいそう」

こんな場合は、就職エージェントを利用して履歴書の添削をしてもらったり、履歴書なしで面接へ進める求人に応募しましょう。

20代専門のエージェントは、人柄を重視して書類審査なしで面接へ進める求人があります。

20代ニートにおすすめの就職エージェント

エージェントとは、社員募集している会社と、仕事を探している人のマッチングを行っている民間企業です。無料で次のような就活サービスを受けられます。
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策(模擬面接、話し方・服装のアドバイス)
  • 採用されやすい企業の紹介
一人だけで就職活動するよりも効率的に仕事を探せます。 20代専門のエージェントが登場し、ニートの方も正社員になりやすい環境ができています。紹介されるのはすべて正社員の求人で、定着率が高い会社を見つけやすいのが魅力です。

就職shop

  • 学歴不問・人物重視の求人が多い
  • 書類選考なしで面接のチャンス
  • 紹介される企業は全て訪問調査済み
  • 営業職のほか、事務や企画などの職種も多い
  • 登録者一人一人に専任のキャリアコーディネーターがつく

ジェイック

  • 就職講座を修了すると書類審査なしで面接へ進める
  • 営業職を目指す方におすすめ
  • 紹介されるのは全て正社員の求人
  • 内定を貰いやすいだけでなく入社後の定着率も重視している

-就職活動の基礎知識

Copyright© ニート就職の教科書 , 2019 All Rights Reserved.